米ドルを持ち続けた状態で、FXでの運用を続ける場合

日本円資産を持つ個人投資家が米ドルへの短期投資を行う際、日本円と米ドルとの交換などで投資を続けていくわけですが、米ドルを一定量持ち続けたままの状態で運用していくという方法も存在します。

その1つが、短期投資の場合と同様に、外国為替証拠金取引(FX)において通貨を売買して為替レートの上下の差による利益を狙うのですが、毎回全て売るのではなく、ある程度の量の米ドルをキープしておくことも選択肢に入れ、将来を見越し長期的な運用を視野に入れて運用する方法です。

『ドルコスト平均法』という方法もあります。
こちらは外国為替など何らかの値段が上下する金融商品を購入する際、定期的に“一定数”ずつを購入するのではなく、定期的に“一定金額”ずつを購入していく方法です。
為替レート相場などの頃合いを見て、貯めた米ドルの一部をまた日本円に交換してもよいでしょう。

米ドルを持ち続ける場合、米ドル相場急落が起こってしまうと損害をこうむることになってしまいます。
ただし世界の基軸通貨として他通貨以上に信用度が高い米ドルは、新興国通貨などの他通貨に比べれば、価値が大きく下落する可能性が多少低くなっています。
そのため一定量の資産を米ドルで保有しておくことで、相対的な資産価値の目減りを防ぎやすくなることもメリットの1つでしょう。

また米ドルをある程度持ち続けているならば、米ドルと日本円との取引だけでなく、米ドルと日本円以外の他通貨(ユーロなど)との取引を行っていくことも選択肢として可能になってきます。