米ドルへの短期投資を行う場合

まずは、いわゆる『ジョビング』と呼ばれる投資方法について見ていきましょう。
ジョビングとは、外国為替証拠金取引(FX)において通貨の売買を短期間で行い、為替レートの上下の差による利益を得ようとする方法です。

米ドルでジョビングを行う際は、為替レートが大きく変動することはなかなか起こらないことから、1回1回の売買による利益は小さめとなる可能性が高いです。
そのため投資である程度の金額の利益を得るためには、細かく売買を繰り返していき、「塵も積もれば山となる」ように、小さな利益を積み重ねていく形を狙うこととなるでしょう。

メリットとしては短期集中型で投資を行えることから、為替レート動向および為替レート変動を注視し続ける必要がないこと、欲張り過ぎない限り大きな損害が出にくいことなどがあげられます。
デメリットとしては、そこまで大きな利益を出すのは難しいことなどでしょう。

外貨投資初心者がこのジョビングを行う場合、購入前に“売却目安金額”を決めておき、基本的にはそれに従って売買するのが無難となります。
売却目安金額を決める際は、「これ以上欲張らずに利益を確定するための売却目安金額」「これ以上損しないために損害を最小限に留めるための売却目安金額」の2種類を決めておき、そのどちらかに達した時点で即売却するのがリスクが低く、初心者にはおすすめです。

ただし変動し続ける為替レートの動きを正しく見極めることは、初心者には非常に難しいです。
またあらかじめ売却目安金額を決めていたとしても、その通りに売却できるかというと、実際は欲や迷いなどが発生し、なかなか淡々と売ることができない可能性もあります。
ジョビング自体が、初心者にはおすすめの取引方法とは言い難い側面を持つ投資手段とも言えるでしょう。