審美歯科とは

一般的に審美歯科とは、口元をきれいにして機能を改善するためのさまざまな治療が受けられる歯科のことをいいます。歯を白くしたい、歯の形や歯ぐき、歯並びをきれいにしたいという目的があるのなら、審美歯科に行くと良いでしょう。
歯を白くする方法はいくつかあり、クリーニングもその一つです。また、漂白効果のある薬剤でもともとの自分の歯の色よりも白くする「ホワイトニング」もあります。さらに、歯の表面に人工物を塗って白く見せることもあり、これは「マニキュア」と呼ばれているそうです。


ある程度、自分の歯を削って歯を白くする方法もあります。その代表的なものが「ラミネートベニア」。これは歯の表面を薄く削り、人工材料を張り付けるという方法です。ただし、むし歯などがある場合はラミネートベニアをすることができません。その場合には、削った歯の上にセラミック製のクラウンをかぶせる「ジャケットクラウン」という方法を選ぶことになるでしょう。


歯並びをきれいにしたいという場合であれば二つの方法から選択することが多いと思います。一つは矯正治療。矯正治療のメリットは自分自身の歯を生かして歯並びを整えることができるという点です。しかし、その一方で時間がかかるというデメリットもあります。


治療にあまり時間をかけたくないのであれば、人工的なかぶせ物であるラミネートベニアや、ジャケットクラウンによる治療になります。この場合は、歯を削ることになるので注意しておきましょう。