歯の変色

最近、美しい白い歯を手に入れたいと考えて歯科医院に行く人が増えていると思います。しかし、日本人の歯は、もともと欧米人のような白さを持っているわけではないそうです。

歯の構造は、外側にエナメル質、その下に象牙質、中心に神経や血管が通る歯髄があります。エナメル質の大部分は半透明の硬い結晶で、象牙質は薄い黄色や黄色がかった茶色の組織をしていて、歯髄は赤色をしています。歯の色が白く見えるのは、象牙質が透けたり、エナメル質を乱反射したりすることが理由のようです。

象牙質の色は人種により異なり、多くの日本人の場合は淡い黄色です。歯の表面の着色などによって、自分の本来の歯の色よりも濃くなることがあります。お茶やカレー、コーヒーといった着色性のものを食べると、歯の表面にステイン(汚れ)が付着します。ほかにも、たばこのヤニなどがあります。

また、薬物によって変色することもあるそうです。乳幼児が、特定の抗生物質を服用すると象牙質に色素沈着が起こり、歯に黄色や茶色、グレーの筋が出てきます。また、外傷などの理由で歯髄が壊死したり、むし歯の治療などで神経を抜いたりした場合にも、象牙質が黒っぽく色になることがあるといいます。

さらに、加齢によっても歯が変色することがあるそうです。年をとるとエナメル質を構成している成分が変化し、透明度が上がります。そのため、内側にある象牙質の色が透けて見えやすくなり、黄ばむというわけです。また、年齢が上がるにつれて、象牙質自体の色も濃くなるそうです。